京大卒の上達法研究者「加藤希望」七海志保WBA塾実践記録

京大卒の上達法研究者「加藤希望」七海志保WBA塾実践記録

【イギリスのEU離脱】 行き過ぎは株のチャンス


【イギリスのEU離脱】 行き過ぎは株のチャンス

 

先日、イギリスのEU離脱をうけて、

株が一気に下がりました。

16200円くらいだったものが、
約1300円下がって、14900円となりました。

比率でいうと、
約8%です。

m030215

 

ここで、同じような、
株の暴落の過去を振り返ってみます。

最近でおもいつくのは、

リーマン・ショックと、
東日本大震災です。
その日付をふりかえると、
リーマン・ショックが、
2008年9月15日
この日を境に、
13000円付近から
7000円(▲6000円)まで下がり、
その後、半年強かけて、
10000円まで戻りました。(▲3000円)

 

これを比率で表すと、

13000円付近から
7000円(▲46.2%)までさがり、
その後、半年強かけて、
10000円まで戻りました。(▲23.1%)

 

そして、東日本大震災が、

2011年3月11日

前日の10500円付近から
9600円(▲900円)
8250円(▲1350円)
と下がり、
その後、2週間後には、
9600円前後(▲900円)

 

これを比率で表すと、

前日の10500円付近から
9600円(▲8.6%)
8250円(▲21.5%)
その後、2週間後には、
9600円前後(▲8.6%)

 

この過去の状況を考えると、

比率だけでいうと、東日本大震災の例ににているので、
週明けは、もともとの16200円の20%減の、
13000円くらいまでは、さがる可能性があります。

 

これだけ下がってくると、

下がり過ぎの反動であがることがみこめるので、
週明けは状況しだいでは、
株の買いどきです。

 

行き過ぎは、チャンスです。

(とはいえ、株の購入は自己責任でお願いします。)

 

【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」

 

コメントを残す

管理人: 加藤希望

加藤希望

管理人:希望(加藤希望) 趣味:温泉旅行、サイト作成 サッカー観戦、犬の散歩 特技はノウハウコレクト^^ WBA塾だけでなく 他の塾も実践しています。    プロフィールはこちら

  • google 加藤希望
  • アメブロ 加藤希望

人気記事一覧

<無料集客ツール>

banner

<教材ランキング>

bsCRI_IMG_6012